和kin

和kin "ワーキン"

和のウォーキングとは

フィジカルとメンタルにより良い効果をもたらす、明治以前の日本人の歩き方に見習った歩行法です。

歩くことが楽しくなる

負担の少ない流れるような歩きを楽しめるため、健康維持に必須と言われる「歩くこと」が、無理なく続けらます。

身体感覚の向上

足裏で大地を感じる歩行により、身体に様々な情報を伝える足裏のセンサーが活発になり、バランス感覚や、インナーマッスルへの意識が自然と身につきます。

パフォーマンスの向上

あらゆる動作の基本となる歩行がスムーズになることで、仕事や生活でのパフォーマンスが向上します。

気持ちが前向きに!

正しい姿勢で軽快に和のウォーキングを行うことで、自然と気持ちが前向きに。ポジティブな毎日を過ごすための原動力となります。

0秒健康法

毎日の歩行時の意識付けによりマスター出来るため、いつでもどこでもどのようなシチュエーションでも行えます。ですので実践のため用意する時間はたったの0秒。日々忙しい人でも続けられる健康法です。

0円健康法

道具必要なし。服装自由。必要なのは自分の身体のみの0円健康法です。

和kinのはじまりとこれから

今とは違った?日本人の歩き方

和kin 和のウォーキングとは、明治以前の日本人に見習った歩行方法です。
映像記録が存在しないために残念ながら正確に歩行方法を断定することは出来ないのですが、西洋から靴文化が上陸する以前の日本人のライフスタイル、たとえば雪駄、下駄、草履などの履物による歩き方、日本の武道や伝統芸の歩行法や庶民の裸足歩き(江戸時代の一般庶民は裸足が多い)などの共通点から、元来の”日本人の歩き方”が垣間見えてきます。
これらのライフスタイルから必然的に推測される歩行法は、現在の私たちの歩き方とは大きく異なります。

先人から教え込まれた素晴らしい歩行

私は今から15年ほど前、観光案内の仕事として人力車を引いていました。約5年間、ほぼ毎日のように地下足袋で車道を走る中で、強制的に身についた歩行法(走法も)は、知らぬ間に日々の生活でもデフォルトとなりました。
疲れない。腰への負担が軽くなる。自然と繰り出される足さばきにより楽にスピードがアップする。とにかく歩くことが楽しくなる。などなど、いいことづくめのこの素晴らしい歩行は、どうやら人力車を通して、昔の日本人から教え込まれたのだと気付きました。

 "和kin"で未来へ進みましょう!

身体の負担を気にしている方、健康志向の方、忙しくて運動する時間を取れない方などの個人から、組織やチームのパフォーマンスを向上させたい企業や団体まで、お役に立てる機会は沢山あるでしょう。
自由闊達に生活していた江戸時代の私たちご先祖の様子を想像しつつ、日本じゅうで和のウォーキングをマスターした人が増えたら、もっと楽しく、アグレッシブで、健康で、ステキな国になるのではとワクワクします。
5年前から続く体調不良の改善のために、あらゆるセルフメンテナンスを実践してきたなかで、和のウォーキングの素晴らしさを再発見しました。この場を借りて体調不良に心から感謝します。このことがきっかけで、毎日が今まで以上に楽しくなる人が沢山増えるように、誰もが簡単にマスターできるための翻訳作業を日々続けています。
さあ、古くて新しい和のウォーキング “和kin”で未来へ進みましょう!

レクチャーに参加しよう!